ブライダルローン以外にもある、結婚資金に使えるローン

ブライダルローンhttp://www.hqextreme.com/はさまざまな金融機関で取り扱いされています。また、ブライダルローンという名称でなくとも、結婚資金として利用できるローンもあります。

長野県に本店を置くアルプス中央信用金庫は「あるしん」の愛称で親しまれる信用金庫です。こちらのあるしんブライダルハッピーローンでは、第一子誕生で金利が年0.5%下がります。結婚の先のベビー誕生で金利が下がるとは意外なシステムですが、授かり婚のカップルにはちょっと嬉しいローンですね。

埼玉りそな銀行のプライベートローンJは、結婚資金を含む幅広い用途に使えるローンです。年収や勤続年数などの条件がなく、パート・アルバイトの方も申し込み可能ですので、他の金融機関のブライダルローンで申し込み資格に不安のある方は、利用を考えてみてもよいでしょう。

またインターネット銀行ではソニー銀行の目的別ローンのうち一般ローンも、使途として結婚費用が含まれています。(2016年11月現在、新規申し込み受付は停止中)

 

みずほカードローンは申し込みの時に複雑な部分があるので注意が必要

メガバンクのみずほ銀行もカードローンを提供していてさまざまな地域に住んでいる人が利用しています。

銀行のカードローンの上限金利は14.5%前後で設定されていますが、みずほカードローンは14%の設定されているので他の銀行のカードローンに比べて低いというメリットがあります。

またメガバンクという事もありサービス面も充実していてこうした理由から利用する人も増え続けています。しかしみずほカードローンに申し込む時は複雑な部分もあるので注意が必要です。

みずほカードローンはみずほ銀行の口座を持っているとWeb完結で申し込めて即日融資を受ける事が出来ますが、みずほ銀行の口座を持っていないにインターネットで申し込みをすると融資を受けるまでに1週間以上かかってしまう事もあります。

このように申込方法によって融資スピードが大幅に変わってくるというのが厄介な点でもあります。

みずほカードローンに申し込む時は申し込みから融資を受けるまでにかかる時間を確認しておきましょう。ここからしっかりしないとお金が必要な日に融資を受ける事が出来なくなる事もあるので注意しましょう。

 

ブラックリストの経験者が金融機関で新規融資を希望する時は事前に簡易審査を受けよう!

大手金融機関のキャッシング審査は、コンピューター機能で個人の職業の安定性や年齢に点数をつける形で融資に値する人材か否かを振り分けていくので、平日中の申込なら即日審査回答を可能としてる所が年々増えてます。

特にコンピューターによるスコアリング審査は、以前金融事故を起こしてブラックリスト入りしてる人や滞納中の債務がある人に対して厳しい対応をしています。

又、1か月に3回以上のペースで新規のローン申込してる人も属性に信用性が欠けるとして審査落ちてしまう可能性は高いです。

なるべく大手キャッシングの審査落ちの履歴を重ねたくなければ、個人情報機関に記録が残らない簡易審査を金融機関の公式ページで事前に受ける事が是非お勧めです。

簡易審査は匿名で受ける事ができますし、年齢や借入件数を含む年収をササッと記入して診断ボタンを押すだけで、融資可否の結果が1分も掛からず画面に表示されます。

簡易審査では契約可能な貸付額の概算も見積もってくれるので、無駄な審査落ちを重ねたくない場合は忘れず診断を受けるようにしましょう。

 

消費者金融のプロミスの主な特徴

プロミスは消費者金融の中で最も融資スピードに優れていて申し込みをしてから最短1時間で融資可能になります。そのため出来るだけ早くお金を借りたいという人が利用する消費者金融でもあります。

プロミスの申し込み方法は自動契約機かネットになりますが、どちらでも即日融資が可能です。そのため自宅周辺に自動契約機が設置されていれば自動契約機、設置されていなければネットで申し込むといいでしょう。

ネットで申し込みをするとメールでの通知が多くなる他に郵送物も一切ありません。そのため妻が専業主婦で一日中家にいる状態でも内緒でキャッシングする事が出来ます。

またネットで申し込みをすると借り入れをする時に振込キャッシングになって依頼をしてから最短10秒で振り込まれます。このサービスを瞬フリと呼んでいて利用するとすごく便利です。

プロミスは初めて利用する人は借入日の翌日から30日間無利息になるので返済総額を減らす事が出来ます。そのため返済の負担が軽減出来てスムーズに完済する事が出来ます。